MUGENの溝地獄
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
えらい目にあった
金曜の夜の事だった。ちょっと長くなるぞ。
俺はvegasに付いていた音声編集ソフトを探すため、vegasのプロパティから場所を割り出そうとした。
ファイルやフォルダを右クリックすると普通は「名前を変える」だとか表示されるもんだが、何故か「エクスプローラーが動作を停止しました」と2回エラーが出てそれっきり。
フォルダや音楽ファイルを右クリックしても同じだ。
だが、何もないところやブラウザ上では右クリックしても何ら問題は無い。
こいつが起きると開いていたフォルダが閉じてしまうので、たくさん開いていた時には便利だろうが右クリックが使えないんじゃあ話にならねえ。
はて、こいつはどういうことかと思いググってみると、同じような症状が出るわ出るわ。
例えば、最近入れたソフトがwin7に合わなかっただとか、そんな原因で起こるとか。
様々な記事を呼んでみた結果、こいつは様々な要因で起こりうるバグで、explorer.exeが勝手に停止してすぐに再起動するというものだった。
さて解決法はと探してみれば、上の方にあった記事にはフォルダオプションで「フォルダーとデスクトップの項目の説明をポップアップで表示する」のチェックを外せばOKだとか、「別のプロセスでフォルダーウィンドウを開く」にチェックを入れろだとか書いてあったが全部駄目。
マイクロソフトのページを見て、色々なパッチを当てたり、以前の状態に復元したが駄目。
ここいらでちょっとアプローチを変えなきゃ遺憾かもしれねえな。
このバグは色々な状況で起きているみたいで、俺の場合は右クリックすると発生するものだから、右クリックに変なオプション突っ込まなかったかとちょっとばかし考えると、思い当たるフシがあった。
少し前に何かのソフトを突っ込んだら、右クリックに何か追加されたような…
だがそのソフトは既に削除したはずだ。影響が残っているかもしれんと考えたが、さすがにないかもと思い直す。
一週間前から冷却ファンが唸っていたので、それが原因か?と考え掃除をしたが状況変わらず。
だったら別の原因があるな。
そこで面倒くさそうだったクリーンブートも試してみた。
ノートンを疑ったりして、十数回再起動した結果、駄目。
だが収穫はあった。二回起こるエラーの内、後に起こる方の発生率が少なかったこと。また、こいつらの原因はどうやら「サービス」という立ち位置にも、「スタートアップ」にもいないことが判明。
途中でエラーの原因を探ることにした結果、イベントビューアというものでエラーの原因を探れる事が判明。
こいつはパソコン内で起きたエラーや警告を逐一記録していくもののようだ。ご苦労なこった。
さて、エラーの記録を見ると、何処で発生したかは不明だが、エラーの種類は「0xc0000005」エラーと「0xc000041d」エラーのふたつがあった。道理で2回もエクスプローラが停止したわけだ。
で、うろ覚えだが「0xc0000005」エラーはクリーンブート中は発生しづらいようだ。
そこでネットが出来ないクリーンブートモードから、通常モードに直して調べると、「0xc0000005」エラーはメモリアクセス違反、つまり不正アクセスで、簡単にいえばプログラムが間違えた場所にアクセスしたということ。
そして「0xc000041d」エラーはレジストリの破損ではないか?と考えに至った。
この2つのエラーを一度に治すのは大変だと思ったので、まず手のつきやすそうなレジストリ破損から、つまり「0xc000041d」エラーから手を付けることにした。
俺が持ってるソフトで不調なレジストリを削除できる、CCleanerという物があったので、そいつを使用したが駄目。
じゃあ「0xc0000005」エラーをやろうと考えたが、いくら調べてもサッパリ解決方法がわからなかった。
OSの再インストールも考えたが、数時間パソコンに触れないのは面倒すぎるので、初心に帰ってみることにした。
そう、右クリックだ。
右クリックメニューをいじれるソフトがあればなんとかなるかもしれない!
そう思ってShellMenuViewを導入。最初はUltimate Windows Context Menu Customizerを入れようとしたがノートン先生が猛抗議したので中止した。
さっそく色々いじってみたが相も変わらずエラーは発生。どうしたものかとぐぐったら、右クリックメニューを全部消した状態で再起動し、再び戻せばなんとかなる…かもという情報を入手。
早速試してみた。俺は今日何回再起動したのだろうか?
しかし更に状況は悪化。なんと全てのフォルダが開けなくなっているのだ。
つまりフォルダの中のShellMenuViewが起動できない!
しまった、罠だったのか!?と後悔するが、エラーは置いておいて兎に角フォルダを開けるように、試行錯誤。
フォルダが開けないので、ZIPを解凍する際にフォルダが開かれるのを利用した。
再びダウンロードしてきて解凍、無事起動できたぞ。
ん?いじれる右クリックメニューの数が少ないぞ?バージョン違いかと思い再びダウンロードするが同じ結果。
俺は同じところから落とした筈だ、これはおかしいぞ!
仕方なく以前の状態に復元。右クリックメニューをいじる前に戻す。
さて、次はエラーだが……もう八方塞がりだった。
セーフブートもダメ、セーフモードも駄目、、右クリックも駄目と来たら、もうOSのインストールしかなかった。
溜息をつく。
だが、俺は面倒くさがりやだ。そんな事をするくらいなら、悪あがきをしてやるのだ。
と、いうことで2回程失敗している以前の状態に復元するのをもう一度やってみた。
だが今回は今利用できる復元ポイントで最も古い記録だ(といっても数日前だが)。
再起動が終わり、俺は恐る恐るファイルを右クリックした。
…ん。
表示されている!
右クリックメニューが見事に表示されているぞ!
こんな簡単なことなら最初からやってばよかったぜ、、はぁ…
と、喜んだのも束の間、ノートンとサンダーバード(メールソフト)が不調を訴える。
ノートンにエラー有り、サンダーバードはメールが受信出来ない。
これはノートンのエラーがサンダーバードに影響を与えていると推測。確かノートンはメール送受信も管理していたはず。
そこでノートンパワーイレイサーでエラー修正を試みる。また再起動しなければ。
おっと、windows更新プログラムがあったか、以前の状態に戻したせいでまた入れなくなきゃならなくなった。
折角だしこれも入れておこう、再起動。
ん?ああ!
またエクスプローラーが停止した!
しばし呆然とした。俺の苦労は何だったのだろうか…
だが犯人がわかったぜ…それはWindows更新プログラムだ!
意外すぎる所に犯人がいたもんだ。だって天下のマイクロソフト様が諸悪の根源とは、誰も考えねえよな……
しかし、重要更新プログラムが犯人とは考えづらいので、推奨プログラムか、オプションプログラムが真犯人だと断定。
よって今後はこの二種は入れないことに決定した。パソコンぶっ壊されちゃたまらないからね。
よってまた以前の状態に戻し、重要プログラムのみ入れて再起動。今度はエラー無し!
因みにノートンはエラー修正出来ず、ノートン自体がパソコンに存在していない事が判明したため、再インストール。サンダーバードも一緒に治った。
そういやノートン疑った時にアンインストールしてたっけ。すっかり忘れてた。
結局、この騒動を解決するのに丸々一日使ったって事。
これを見てる人がいたら、エクスプローラーが停止しましたのエラーが起こったら参考しにて欲しい。
誰も俺みたいな面倒は掛けたくないだろ?
はぁ疲れた。
新作投稿!
ホラー映画の殺人鬼が仕置人だったら2
それにしても音楽の効果は偉大だ。
ここだけの話、乳首が映ってたがために一度削除されたんだよな…
困った時の死体解体法!5
10・掃除の時間
 全て解体し終えたら、風呂場の掃除に移ろう。一般の洗剤にはタンパク質を分解する酵素が含まれているため、惜しまず大量に使用しよう。念入りに天井まで洗おう。排水口には詰まりを取り除く薬品、例えばパ○プユニッシュの様な薬品を流し込む。
貴方の身体にも血と糞の臭いが染み付いている筈だ。最低三回は風呂に入り、念入りに全身を洗うべきである。

11・道具の埋め方
 いよいよラストスパートである。気合を入れていこう。
さて、貴方の足元には大量の袋詰めされた肉と血まみれの道具、死体の遺留品が転がっているはずだ。道具を生活に使用する予定が無いのであれば、先ずは道具と遺留品から処理しよう。
猫砂はゴミの日に出せば良い。誰も疑わないだろうが、念の為自宅から遠く離れた場所、例えば隣の市に捨てるのがいいだろう。使用した道具と遺留品は深夜帯に遠くの山に埋める。下見をしておくと作業が捗るはずだ。
山に着いたらスコップで土を2メートル程掘る。掘るほど土の質が変わるため、掘った土は質ごとに分けておく。そこに道具と遺留品を全て投げ込み、掘り返した順の質の土で埋める。後は地面を慣らせば、これで道具の処理は完了である。後で動物が掘り返す心配は無いはずだ。

12・死体の拡散法
 袋詰の肉片は、袋ごとにバラバラに捨てるのがベストである。慎重に事を運ぶため、他県に捨てるのが良いだろう。出来れば幾つもの県に渡って捨てたい。人気のない公園や深夜のコンビニのゴミ箱、大量にゴミが捨ててあるゴミ捨て場がポイントである。
移動手段は電車を用いる。カバンやリュックに入れて持っていくのが良い。捨て終わったら、数ヶ月はその場所に立ち入らないべきである。

13・全てが終わって
 貴方は全てが終了しホッとしたはずだ。しかしそれと同時に、深い後悔の念と恐怖が貴方の心を埋め尽くすだろう。しかし警察に自首してはならない。ここまでの苦労が全て水泡に帰すからである。
必要であれば、飛び降り死体や首吊り死体を見たといってカウンセラーに相談するのも、貴方のためである。

14・最後に
 さて、ここまで読んでいただいた貴方には感謝の意を捧げると共に、私は貴方に、出来れば殺人を犯してほしくないと思う。
殺人は最終手段である。殺す方、殺される方双方の人生を破滅させ、あらゆる人間関係をズタズタにする。その上、多大なリスクを伴う行為である。偉そうな口調になってしまうが、これは警告である。
もし貴方がこの警告に従わず、本文に基づいて殺人及び死体処理を行った場合、私は貴方が逮捕されることを願うだろう。
なぜなら、新たな殺人、それも考えられないほど斬新な殺人事件が報道された時、私の知識的欲求が大いに満足するからである。
貴方がうまくやってくれる事に、幸運を祈る。
困った時の死体解体法!4
7・骨付き肉製作過程
 さて、仮眠を取った事により貴方はある程度リフレッシュしているはずだ。背伸びをしたら、残りの解体を始めよう。すぐに再開できない場合は、バスタブに張った水が役に立つ。これに死体を沈めておけば、2日から5日くらいは腐敗を遅らせられる筈だ。
頭と腕は切断したので、次は足である。関節の外し方は肩と同様である。ここで腕とともに肘・膝・手首足首の関節を外し、切断しておく。包丁は脂肪ですぐに切れなくなるので、駄目になったら次の包丁に交換しよう。切れない包丁が増えてきたら砥石で随時研いでいく。
切断を終えたらもう一つの寸胴にニンニク・ネギと共に投入し3~4時間煮込み、骨から肉を外れやすくする。空腹であれば、その肉を食べても良い。ちなみに人間は尻が美味であるそうだ。煮込み終わったら骨は乾燥させ、逐次ミキサーに掛けて粉状にする。10万円ほどの高級ミキサーで無い限りこの作業は骨が折れるだろう。粉末状になった骨はトイレに流してしまえば良い。手足の肉は食べるか猫砂で乾燥させてミキサーに掛けるかは貴方の自由である。食べないのであればあとの工程は内臓と同様である。食べるのであれば皮を剥いでから食べることをお勧めしよう。食費も随分浮くはずだ。全身を食べるのであればひと月で食べきれるだろう。寸胴の煮汁は適時捨て、その都度補充しよう。
arm
この写真の様な状況はたっぷり見られるはずだ。

8・生首分割
 頭は耳、鼻を削ぎ落とし、眼球を取り外す。舌を切断し、歯をペンチで全て引き抜く。頭蓋骨は大きいので、金鋸で程よい大きさに切断しよう。
それが終わったらミキサーに掛け、その間に頭は寸胴で煮、先述の手足と同じように処理をするが、ここで肉は食べてはいけない。人間の脳を人間が食べると、数十年後にクールー病という狂牛病に良く似た病気に掛かり、死に至るからである。食べるならここは舌に留めておこう。
kaobara
余裕があればこのように遊ぶのもいいかもしれない。

9・胴体はどうしよう
性器は周囲ごとを抉るように切り取る。各部の肉を削ぎ落とし、骨についた肉は骨ごと寸胴で煮込む。骨を適当な大きさに切断するのを忘れないようにしよう。後は手足と同じである。
ko-gan
睾丸を調理するところ。世の中には奇抜な人もいるものだ。

続く
困った時の死体解体法!3
5・うまくバラせるか?
 貴方が逮捕されないために最も重要なのが死体処理である。ここで成否が分かれるといっても過言ではない。細かくしてトイレに流したのであれば簡単に逮捕されてしまう。そこで、私が過去最も死体処理が念入りであったと考える、「埼玉愛犬家連続殺人事件」を一部リスペクトしつつ、別の方法をおりまぜて処理するとしよう。
先ず解体場所であるが、人気のない山中の水回りの完備された小屋で行うのがもっとも良いが、それほどの良条件があることは滅多に無いため、ここは自宅で解体する事を前提に考える。家族と一緒に住んでいる方は、他人が家にいる時間帯を避けつつ、非常に慎重に事を運ぶことになる。
血や糞便が大量に流れる為、死体は風呂場で解体することになる。死体を解体する前に、浴槽に水を張り、大量の赤色系入浴剤を入れるのが良い。血の色と匂いをごまかせるからだ。解体作業には熟練者でもなければ半日から数日掛かる為、休日にやるか休暇を取るののがベストである。が、死体の腐敗を抑えるために次の章の作業は当日行うのが良い。
ここで解体に使う道具を列挙しよう。
・金鋸
・金鋸の替刃数本
・よく切れる肉切り包丁、十本ほど
 ・砥石
・高級ミキサー
・肉系の生ゴミ多め(買ってきても良い)
・ペンチ
・新聞紙多め
・寸胴2個
・ネギ2,3本
・ニンニク五個
・猫砂
・ゴミ袋大量
これだけで十分だと思うが、安心出来ない場合は、貴方の信頼の置ける刃物を使うのが良いだろう。
一般的にチェーンソー等動力系工具を使用すれば解体作業が捗るのではないかという意見があるが、これは騒音のリスクが大きく、余程防音設備の整った場所でない限り使用は控えるべきである。事実、食人鬼ジェフリー・ダーマーは死体解体の際チェーンソーを使ったことによる騒音をアパート住人に聞かれている。
neckcut
間違ってもこのように写真は撮るべきではない。証拠が増えるだけだ。
videocup
ある死体解体映像のスクリーンショット。このように動画にしてネットに流すのは貴方がメキシコマフィアなどでない限り避けるべきである。

6・はらわたは臭う
先ず、死体の足を頭から上に上げてから、首と両腕を切断する。この工程は死体を逆さに吊り下げられればよいのだが、流石に一般家庭にそこまでの設備はないだろう。これは血抜きと共に、死体から人間の象徴を奪い去ることで、精神的に解体能率を向上させる為である。肩は筋を切断し、肩の関節を回すようにひねれば外れるはずである。首は顎の付け根から切断するとやりやすいだろう。脊椎の隙間に刃をねじり込ませるように切断すれば良い。駄目なようであれば金鋸で切断する。
死体からの出血が少なくなってきたら、死体の腐敗を遅らせるため、内蔵を抜く。包丁で腹を縦に切り開き、胃と腸を引きずり出す。悪臭がする為、必要ならマスクを着用するのがいいだろう。食道を引き抜き、肛門付近で腸を切断する。糞はゴミ袋に入れ、後でトイレにでも流してしまおう。これで消化器は全て摘出出来たはずだ。次に目に付く内蔵を取り出していく。
取り出し次第、寸胴に猫砂をたっぷりと入れ、内蔵を詰めていこう。しばらくすれば水分が抜けるため軽くなるので後の運搬を非常に簡単にすることができる。終わったら内蔵を次々にミキサーに掛け、粉砕する。それを新聞紙とともに肉系の生ゴミにと一緒にゴミ袋に小分けにして詰め込んでいこう。
organ
内蔵は意外と多いものだ。

さて、ここまでの工程でかなり体力と精神を消耗したはずだ。休憩を取りたいならここまでやっておくことである。仮眠を取った後は、再び解体を始める。

次回に続く
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。